アーカム・アサイラム 注釈

※以下の注釈は独自に作成したものであり、小プロの編集部に認可されたものではありません。

[全般]
Arkham Asylum
Arkham Asylum: A Serious House on Serious Earth
動画「Arkham Asylum」(スペインのファンによる自主制作動画)

[スクリプト表紙]
フィリップ・K・ディック
クライブ・バーカー
2000 A.D.
ニコラス・ローグ
デニス・ポッター
レン・ウィーン
アマデウス・アーカム
マーティン・ホーキンス
大天使ミカエル
バギナ・デンタタ
フィリップ・ラーキン
ユング
アレイスター・クロウリー
 (『ムー 2010年 09月号』ではクロウリーの特集を組んでいます。)
ジャン・コクトー
アントナン・アルトー
ヤン・シュヴァンクマイエル
ブラザーズ・クエイ

[p1]
タロット
「月」のカード
ディオニソス
アダム・ウェスト
イカロニクテリス

[p2]
ドイツ表現派
ヘカテ
グラストンベリー修道院
シャルトル大聖堂

[p5]
ジョーカーの台詞には「怨霊」というフォントが使用されています。
(ちなみに、このフォントを編集部に紹介したのは僕です。編集部内でいろいろと比較検討した結果、怨霊を採用することにしたそうです。)

[p9]
ピラニア・プレス

[p11]
画像:映画『エクソシスト』のポスター
カレン・バーガー
動画:オープン・ユア・ハート

[p12]
アヌビス
ペブル・ミル・アット・ワン
骨粗鬆症の赤ん坊をどんだけ集めりゃ…
 →「電球ジョーク」の一種だと思われます。「Q:1個の電球を取り替えるのに、死んだ赤ん坊は何人必要か? A:赤ん坊を山積みにして、電球に手が届くまで」というブラックジョークがあり、そのバリエーションではないかと。つまり、「骨粗鬆症の赤ん坊を山積みにして、その上に登っても、骨が折れてしまうので、電球には手が届かない」というオチだと思われます。

[p13]
テレビジョン・パーソナリティーズ
デビッド・リンチ
ブルー・ベルベット
レオナルド・ダ・ヴィンチ
最後の晩餐
フランシス・ベーコン
WUSA
アンソニー・パーキンス

[p14]
サイコ
ペーター・ヴァイス
マラー/サド
ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル
ビル・シンケビッチ
ストレイ・トースターズ

[p15]
ロールシャッハテスト
かわいい毒草

[p16]
プロフェッサー・マイロ

[p17]
ドクター・デスティニー
クレイフェイス(プレストン・ペイン)

[p18]
マキシー・ゼウス
マッド・ハッター
キラー・クロック
エレファント・マン

[p20]
トウィードルダムとトウィードルディー
ブラックマスク

[p21]
ベシカピシス
ジェイコブ・エプスタインの著名な作品(画像)
Coventry Cathedral

[p23]
クロウリー版のタロットカード(トート・タロット)
マルセイユ版タロット
歌う大捜査線

[p24]
エイプリルフール

[p26]
スケアクロウ

[p27]
「切断されたロバの性器と、修道院の庭にいる2人の修道女の話」については、こちらでグラント・モリソン自身が語っていますが、少々意味不明です。

[p28]
バンビ
ジョー・チル

[p29]
オリシス
ストーンヘンジ
エイブバリー
世界の愚か村話』という本には、月やカッコウにまつわる愚か村話がいくつか収録されています。
デビッド・ボーム

[p30]
ニール・ゲイマン

[p32]
ニーチェ
「深淵もまた見返す」という一節は、『善悪の彼岸』にあります。

[p33]
賢明な読者なら、クレイフェイスが象徴する病の正体に気づくだろう。
 →原文では、エイズという言葉が使われています。「Alert readers will perceive him as AIDS on two legs」

[p35]
カフカ

[p37]
ジェファーソン・エアプレイン
ホワイト・ラビット」(「Surrealistic Pillow」に収録)
動画:ホワイト・ラビット
チャペル・ペリラス
オウズリー・スタンリー
「レッド・キング・ライジング」の脚本は『Lovely Biscuits』に収録されています。

[p39]
クリント・イーストウッド
赤の王様

[p41]
己を発見せよ
ピーター・バーンズ
ザ・ルーリング・クラス

[p42]
ピーター・オトゥール
ゼウス・アレノセラスグノーシス派の教会らしい)
ここでマキシー・ゼウスが持っているのはライデン瓶のようなものだと思われます。

[p44]
ワグナー
パルジファル
双魚宮
未亡人の息子
フリーメーソン
マボン・バブ・モドロン

[p47]
アッティス
オーディン

[p48]
モビー・ディック…『白鯨』に登場する鯨の名前
カバラ

[p52]
金枝篇

[p53]
リパブリック賛歌
アメリカ国歌
ハロー・ドリー!

[p54]
リンゼイ・アンダーソン
オー! ラッキー・マン
マルコム・マクドウェル

[p57]
70年代半ばのバットマンで〜
 →正確なタイトルと号数は不明。
タリア
シルバー・セント・クラウド
ニール・アダムス

[p58]
デレク・ジャーマン
カラヴァッジオ
バッカス

[p61]
元気でな。外の世界でも……あのだだっ広い精神病院でも。
 →説明的な訳文になっています。原文は「Enjoy yourself out there. IN the asylum.」です。もう少し原文に近くするなら、「元気でな。“あっち”の世界でも……精神病院の“なか”でも」となるでしょうか。

[p62]
愚者
恋人
吊るされた男

技(Art)というタロットカードはありません。

  

〜グラント・モリソンが脚本を担当した主な作品〜
Marvel
New X-Men vol.1: E is for Extinction
New X-Men vol.2: Imperial
New X-Men vol.3: New Worlds
New X-Men vol.4: Riot at Xavier's
New X-Men vol.5: Assault on Weapon Plus
New X-Men vol.6: Planet X
New X-Men vol.7: Here Comes Tomorrow
New X-Men by Grant Morrison Ultimate Collection Book 1
New X-Men by Grant Morrison Ultimate Collection Book 2
New X-Men by Grant Morrison Ultimate Collection Book 3
Fantastic Four: 1234
Marvel Boy HC
Skrull Kill Krew
 
DC
52 vol.1
52 vol.2
52 vol.3
52 vol.4
All-Star Superman vol.1
All-Star Superman vol.2
Absolute All-Star Superman HC
Batman: Gothic
Batman: Batman and Son SC
Batman: the Resurrection of Ra's Al Ghul SC
Batman: the Black Glove SC
Batman: R.I.P. SC
Batman & Robin vol.1: Batman Reborn HC
Batman & Robin vol.2: Batman vs. Robin HC
Batman: the Return of Bruce Wayne HC
DC One Million
Final Crisis
Flash: Emergency Stop
Flash: the Human Race
JLA vol.1: New World Order
JLA vol.2: American Dreams
JLA vol.3: Rock of Ages
JLA vol.4: Strength in Numbers
JLA vol.5: Justice For All
JLA vol.6: World War III
JLA vol.1 Deluxe Edition HC
JLA vol.2 Deluxe Edition HC
JLA vol.3 Deluxe Edition HC
JLA vol.4 Deluxe Edition HC
JLA: Earth 2
JLA: Ultramarine Corps
JLA Presents: Aztek - the Ultimate Man
Seven Soldiers of Victory vol.1
Seven Soldiers of Victory vol.2
Seven Soldiers of Victory vol.3
Seven Soldiers of Victory vol.4
 
Vertigo
Animal Man vol.1
Animal Man vol.2: Origin of the Species
Animal Man vol.3: Deus Ex Machina
Doom Patrol vol.1: Crawling from the Wreckage
Doom Patro vol.2: Painting That Ate Paris
Doom Patrol vol.3: Down Paradise Way
Doom Patrol vol.4: Musclebound
Doom Patrol vol.5: Magic Bus
Doom Patrol vol.6: Planet Love
the Filth
Invisibles vol.1: Say You Want a Revolution
Invisibles vol.2: Apocalipstick
Invisibles vol.3: Entropy in the U.K.
Invisibles vol.4: Bloody Hell in America
Invisibles vol.5: Counting to None
Invisibles vol.6: Kissing Mister Quimper
Invisibles vol.7: the Invisible Kingdom
Joe the Barbarian HC
Kid Eternity
Mystery Play
Seaguy
Sebastian O
Vimanarama
WE3
 
Independent
Vampirella Masters Series vol.1: Grant Morrison & Mark Millar

トップページに戻る

inserted by FC2 system