アメコミについて

アメコミに関するFAQ(よくある質問)を、一問一答形式でまとめてみました。
ウィキペディア「アメリカン・コミックス」「スーパーヒーロー」「アメコミ作品」も参考にしてください。
  
〜【Q1】アメコミとは〜

【Q1-1】アメコミって何?
 アメコミというのはアメリカン・コミックスの略で、アメリカで出版されたあらゆるコミックを指します。つまり、「スパイダーマン」や「バットマン」のようなスーパーヒーロー系コミックブック、「アーチー」や「サンドマン」のような非スーパーヒーロー系コミックブック、「ピーナッツ」や「ディルバート」のような新聞に連載されているコミックストリップ(Comic Strip)を全て含みます。ただし、一般的にはスーパーヒーロー系コミックブックを指すことが多いようです。

【Q1-2】漫画とアメコミの違いは?(出版形態)
 日本の漫画とアメコミは同じ「マンガ」というメディアに属しながらも、その性質は大きく違います。日本の漫画と比較した場合のアメコミの特徴を箇条書きにしてみます。
・月刊である。
・オールカラーである。
・作品(タイトル)ごとに発売されている。
・単行本が発売されるとは限らない。
・一つの作品を作るのに、複数の人間が関わっている(【Q1-3】参照)。

日本の漫画(週刊誌)とアメコミの出版形態の違いを以下に表にしてみます。

  少年コミック誌 青年コミック誌 アメコミ
発売 週刊 週刊 月刊
サイズ B5無線綴じ B5中綴じ B5中綴じ
価格 220円 250円 $2.99(約240円)
ページ数 450P 380P 32P(コミック本編22P)
収録作品数 19 20 1
カラー 巻頭カラー12P カラーグラビア28P オールカラー

【Q1-3】漫画とアメコミの違いは?(制作工程)
 日本の漫画の場合、漫画家(作者)が作品のストーリーを考えて絵を描くことが一般的です。アシスタントの手を借りて絵を描くこともありますが、基本的には「作者=作品」という公式が成り立っています。
 一方、アメコミの場合には、コミックの制作工程は完全に分業体制になっています。作品のストーリーを考える人(ライター)、下絵を描く人(ペンシラー)、ペン入れをする人(インカー)、ふきだしの台詞を書く人(レタラー)、色づけをする人(カラリスト)。こうした複数の人々が関わって、一つの作品ができあがります。
 なかには、ペンシラーとインカーをかけ持ちしたり、ストーリーと絵を両方とも担当したりする多才な作家もいます。

【Q1-4】版権はどうなってるの?
 日本の漫画の場合には、作品の版権は基本的に作家が所有していますが、アメコミの場合には、前述したような分業体制になっているので、作品の版権は個人ではなく、出版社が保有していることが伝統的でした。
 ただし、90年代に入ってからは、そうした伝統に反発する動きがでてきて、クリエイター個人が作品の版権を持つ場合もあります。

【Q1-5】アメコミって子供向けのヒーロー物ばかりなの?
 一般的には、アメコミというのは「スーパーマン」や「バットマン」のようなヒーロー物しかないと思われがちですが、そんなことはありません。ヒューゴー賞を受賞した「ウォッチメン」や世界幻想文学大賞を受賞した「サンドマン」など、大人の鑑賞にも耐える優れた作品はたくさんあります。

【Q1-6】ずっと同じキャラだとマンネリにならないの?
 スーパーマンやバットマンは約60年前に誕生したキャラであり、スパイダーマンやX−メンも約40年前に誕生したキャラクターです。主人公が同じ漫画が半世紀も続けば、必然的にマンネリ化してしまいます。そこで、出版社はその時代に合わせた設定変更をおこなったり、衝撃的なストーリー展開をしたりして、読者を飽きさせないように努力を積み重ねています。

【Q1-7】同じ名前のヒーローなのに、初代とか二代目とかってどういうこと?
 ある名前のキャラクターが引退したり死亡した場合、別の人間がその名前を引き継いで二代目(あるいは三代目)を名乗ることがあります。前任者と後継者の間に直接的な血縁関係があることもあれば、全くの赤の他人である場合もあります。

【Q1-8】どうして同じ敵が何度も出てくるの?
 日本のアニメや特撮番組の場合、ヒーローに倒された敵怪人や敵怪獣は二度と出てきません(つまり、死亡するということ)。一方、アメコミの場合には、敵と言えども、めったに死亡することはありません。彼らはヒーローと戦った後逃げのびるか、警察に逮捕されて特殊刑務所へと送られることになります。

【Q1-9】登場人物たちは今何歳なの?
 コミック内部の時間は、現実世界の時間の流れとはシンクロしていません。例えばバットマンは半世紀以上前にコミックに登場しましたが、その年齢は30代後半ということになっています。登場人物の年齢に関しては、深く考えないほうが無難です。

【Q1-10】一度死んだキャラが生き返ることもあるの?
 現実世界ではありえないことですが、アメコミの世界では、死んだはずのキャラクターが何らかの理由により復活することがあります。特にマーベル・コミックスはそうした傾向が強く、“天国に回転ドアがついている”と言われるほどです。

  
〜【Q2】アメコミの出版社〜

【Q2-1】アメコミ界の二大出版社って何?
 「スパイダーマン」や「X-メン」を発行しているマーベル・コミックスと、「スーパーマン」や「バットマン」を発行しているDCコミックスが、コミックス界の二大出版社です。この二社だけで、全コミックの発行部数・売り上げの過半数を占めます。現在、マーベル・コミックスは27の言語に翻訳され、世界約100カ国で親しまれています。一方、DCコミックスは約30の言語に翻訳され、60カ国以上で発売されています。また、DCコミックスはいくつかのレーベルに分かれており、大人向けのコミックを発売している「ヴァーティゴ」やイメージ・コミックスから買収した「ワイルドストーム」などのレーベルがあります。

【Q2-2】その他の出版社について教えて
 イメージ・コミックス…アーティストが寄り集まって作った出版社。「スポーン」や「ウィッチブレイド」など新しいタイプのヒーローを創造しています。
 ダーク・ホース・コミックス…「エイリアン」や「プレデター」のような映画キャラクターをコミック化しています。また、日本の漫画の英語版も多く手がけています。
 ハリス…セクシーな女吸血鬼「ヴァンピレラ」がメイン。
 ヴィズ・コミュニケーションズ…日本の漫画の英語版を数多く出版しています。

【Q2-3】人気ライターを教えて
 アラン・ムーア(Alan Moore)…誰も考えつかないような大胆なプロットで読者を驚かせる天才ライター。その人気ぶりは熱烈な“信者”がいるほど。近年、America's Best Comicsという自主レーベルを立ち上げて、作風の違うさまざまな作品を精力的に発表しています。代表作:「Watchmen」「Swamp Thing」
 ウォレン・エリス(Warren Ellis)…ホモのヒーロー像など、従来とは違った視点を取り入れた異色ライター。代表作:「Planetary」「Transmetropolitan」
 ガース・エニス(Garth Ennis)…大人向きの過激な内容で人気のあるライター。代表作:「Preacher」「Hellblazer」
 カート・ビュシーク(Kurt Busiek)…きわめて日常的な視点からヒーローたちの心理を描くことが得意な実力派ライター。また、歴史の闇に埋もれたキャラクターを再び現代に再生させることも得意です。代表作:「Astro City」「Avengers」
 グラント・モリソン(Grant Morrison)…一風変わった作風のものから、正統派ヒーロー物まで幅広く手がけます。一ひねりあるプロットが特徴です。代表作:「Invisible」「JLA」
 クリス・クレアモント(Chris Claremont)…伏線を駆使してストーリーを物語る技巧派ライター。代表作:「X-Men」
 J・M・ストラジンスキー(J. M. Straczynski)…テレビドラマの脚本家、プロデューサー、小説家などさまざまな肩書きを持つ多芸多才な人物。代表作:「Rising Stars」
 ジェフ・ローブ(Jeph Loeb)…決して多作ではないものの、十分に練られたストーリーは読み応えがあります。代表作:「Superman」「Batman: Long Halloween」
 ジム・シューター(Jim Shooter)…わずか13歳の時にDCコミックスからデビューした早熟の天才。マーベル・コミックスの総編集長を経て、自ら出版社を設立したものの、やがて倒産。その後は地味な活動が続いています。
 ニール・ゲイマン(Neil Gaiman)…独特の幻想世界を作り上げた「サンドマン」で一躍有名になった実力派ライター。代表作:「Sandman」
 ピーター・デビッド(Peter David)…今までに400以上ものコミック脚本を手がけ、40以上の小説を執筆し、多くのテレビドラマの脚本を担当しているベテラン・ライター。代表作:「Hulk」「Supergirl」
 ブライアン・マイケル・ベンディス(Brian Michael Bendis)…リアルな犯罪物に関しては高い評価を得ています。代表作:「Jinx」「Sam & Twitch」
 ポール・ジェンキンス(Paul Jenkins)…暗く静謐な雰囲気のなかに、ユーモアを盛り込んだ特異な作風が魅力。代表作:「Inhumans」「Witchblade」
 マーク・ウェイド(Mark Waid)…雄々しく凛々しい正統派ヒーロー物だけでなく、ユーモア物にも定評があります。代表作:「Impulse」「JLA」

【Q2-4】人気アーティストを教えて
 アダム・キュバート(Adam Kubert)…以前はシャープな画風だったのが、最近は少し丸みを帯びてきました。ちなみに父親のジョーは漫画家養成学校を設立し、弟のアンディもコミック・アーティストというコミック一家。代表作:「X-Men」「Wolverine」
 アレックス・ロス(Alex Ross)…リアルなペイントアートで読者を魅了する天才アーティスト。代表作:「Marvels」「Kingdom Come」
 クリス・バチャロ(Chris Bachalo)…遊び心のあるアートがユニークです。代表作:「Generation X」「Steampunk」
 サルバドール・ラロッカ(Salvador Larroca)…細い線で美形キャラを表現するのが得意です。代表作:「Ghost Rider」「Fantastic Four」
 ジーン・ハ(Gene Ha)…独特のデザインセンスと緻密な描き込みで知られています。代表作:「Top Ten」
 J・スコット・キャンベル(J. Scott Campbell)…新世代アーティストの一人。代表作:「Gen 13」「Danger Girl」
 ジェイ・リー(Jae Lee)…非常に暗いアートでありながら、忘れられない印象を残します。代表作:「Inhumans」「Sentry」
 ジム・リー(Jim Lee)…90年代を代表するアーティストの一人。ジム・リーの登場はコミック界全体に大きな影響を与えました。最近はアーティスト活動から遠ざかっています。代表作:「X-Men」「Wild C.A.T.S」
 ジョー・カザーダ(Joe Quesada)…現在はマーベル・コミックスの総編集長の座に就いていて、アーティスト活動からは遠ざかっています。代表作:「Daredevil」「X-Factor」
 ジョージ・ペレス(George Perez)…一つのコマに多数の人物を描くことで知られています。代表作:「Avengers」
 ジョー・マデュレイラ(Joe Madureira)…日本の漫画に影響を受けた新世代アーティストの一人。若い世代に圧倒的な支持を得ていますが、遅筆なのが玉に瑕。代表作:「X-Men」「Battle Chasers」
 ジョン・ロミータJr(John Romita Jr.)…父親のジョン・ロミータSr同様、自分もコミック・アーティストの職を選びました。力強く無骨な人物描写です。代表作:「Spider-Man」「Thor」
 デイヴ・マッキーン(Dave McKean)…写真や素材を組み合わせて美麗なコラージュに仕立て上げる前衛的アーティスト。コミック本編よりも、カバーアートを主に手がけています。
 トッド・マクファーレン(Todd McFarlane)…優れたデザインセンスを持つ、90年代を代表するアーティストの一人。最近はアーティスト活動から遠ざかっています。代表作:「Spider-Man」「Spawn」
 トラヴィス・チャレスト(Travis Charest)…日本にもファンの多い人気アーティスト。現在はイラストを中心に発表していますが、新作のコミックを準備中。代表作:「Wild C.A.T.S」
 フランク・ミラー(Frank Miller)…黒と白だけの陰影画法が得意。ハードボイルドな脚本にも定評があります。代表作:「Daredevil」「Sin City」
 マーク・シルベストリ(Marc Silvestri)…シャープな画風で人気を博していましたが、最近はアーティスト活動から遠ざかっています。代表作:「Darkness」「Cyberforce」
 マイク・ミニョーラ(Mike Mignola)…ポップアートのようでありながら、優れたデザインセンスを持つアーティスト。代表作:「Hellboy」
 マイクル・ターナー(Michael Turner)…たぐいまれなデザインセンスと表現力を持つ超人気アーティスト。ガンのため、2008年6月に亡くなりました。代表作:「Witchblade」「Fathom」

【Q2-5】コミック作家にファンレターを送るにはどうすればいいの?
 クリエイターがEメールアドレスを持っている場合には、直接メールを送ることができます。次のサイトを参照してください。
Fan Mail

【Q2-6】コミックス・コードって何?
 1954年に心理学者のフレドリック・ワーサムという人が「Seduction of the Innocent」という著作のなかでコミックを有害図書であるとして糾弾しました。世論もそれに同調し、コミック業界は自主的に検閲コードを制定することになりました。それがコミックス・コードです。現在でも、コミックブックのカバーの片隅に記載されています。
code.gif

【Q2-7】コミコンって何?
 コミコンというのはコミック・コンベンションの略で、コミックファンのためのイベントです。全米各地でほぼ毎週のように大小さまざまなコミコンが開催されています。以下、主なコミコンを紹介します。
 ニューヨーク・コミコン(2月)
 メガコン(3月)
 プラネット・コミコン(3月)
 エメラルドシティ・コミコン(3月)
 ウィザードワールド:アナハイム・コミコン(4月)
 モーターシティ・コミコン(5月)
 ウィザードワールド:フィラデルフィア(6月)
 サンディエゴ・コミコン(7月 全米最大)
 ウィザードワールド:シカゴ(8月)
 スモール・プレス・エキスポ(9月)
 ボストン・コミコン(10月)
 バルチモア・コミコン(10月)
 ミッド・オハイオ・コン(10月)
 ビッグアップル・コンベンション(10月)
よりくわしい情報については【ComicCon.com】や【Convention Scene】をご覧下さい。

【Q2-8】カービー賞について教えて
 “コミック界のピカソ”と異名をとるジャック・カービーにちなんで名付けられた賞。1985年から1987年まで続いた後、アイズナー賞とハーヴェイ賞に分割されました。

【Q2-9】アイズナー賞について教えて
 コミック作家のウィル・アイズナーにちなんで名付けられた賞。サンディエゴ・コミコンで発表されます。1988年以降、現在も継続中。

【Q2-10】ハーヴェイ賞について教えて
 「MAD」などで有名なハーヴェイ・カーツマンにちなんで名付けられた賞。1988年の創設当時はダラス・ファンタジー・フェアで発表されていましたが、近年はバルチモア・コミコンで発表されています。アイズナー賞やハーヴェイ賞の受賞作品について知りたい方は【Comic Book Awards Almanac】をご覧下さい。

【Q2-11】アメリカにおける日本の漫画の評価は?
 日本製のアニメ(ジャパニメーション)が高い評価を得たせいもあり、[Viz Communications][CPM Manga][Ironcat][Tokyopop Press]など、いくつかの出版社が日本の漫画を定期的に発売していて、いずれも安定した人気を保っているようです。

【Q2-12】もう少しくわしくアメコミの歴史を教えて
 より詳しいアメコミの歴史が知りたい方は、 【Comic Book Web Sitesという検索エンジンの[歴史]カテゴリーに登録されているサイトをご覧ください。

  
〜【Q3】アメコミ用語〜

【Q3-1】レギュラータイトルって何?
 毎月発売されているコミックブックのことです。レギュラーシリーズ、マンスリータイトル、オンゴーイングタイトルとも言います。

【Q3-2】ミニシリーズって何?
 レギュラータイトルとは別に、数冊(2〜12冊程度)で完結するシリーズのことです。リミテッドシリーズとも言います。10冊以上の場合には、マキシシリーズと呼ばれることもあります。

【Q3-3】第1シリーズとか第2シリーズって何?
 例えば「A」というタイトルで発売されていたレギュラータイトル(もしくはミニシリーズ)が一旦終了し、その後、同じ「A」というタイトルで第1号から再スタートする場合、前者を第1シリーズ(Vol. 1)、後者を第2シリーズ(Vol. 2)と呼んで区別します。なかには第3あるいは第4シリーズまで発売されるものもあります。

【Q3-4】アニュアルって何?
 アニュアルというのは、1年に一度発売される年刊号のことです。

【Q3-5】TPBって何?
 TPBとはトレード・ペーパーバックス(Trade Paperbacks)の略で、いわゆる単行本のことです。TPと略記されることもあります。

【Q3-6】ワンショットって何?
 ワンショットとは単発で発売される読み切り作品のことです。形態はさまざまですが、普通のコミックブックよりも上質なコート紙に印刷した無線綴じのもの(価格は5ドル前後)が多いようです。

【Q3-7】リプリントって何?
 日本の漫画とは違い、アメコミは必ずしも単行本として発売されるとは限りません。そこで、昔のコミックをそのまま再録して発売することがあります。これをリプリントと言います。

【Q3-8】リーフって何?
 リーフというのはコミックブックを意味する和製英語(造語)です。

【Q3-9】クライムファイターって何?
 直訳すれば、“犯罪と戦う人”。古典的なヒーロー像(完全無欠の英雄、あるいは勧善懲悪の精神に則った正義の味方)に対して、より現実的で人間的なヒーローを指す言葉です。クライムファイターのなかには、スーパーヒーローだけでなく、一般の警官も含まれます。

【Q3-10】ビジランテって何?
 Vigilante。辞書的には、“自警団”。警察とは別に、自分なりの方法で犯罪者と戦う個人(あるいは集団)を指します。ビジランテ活動を行う本人は正義だと信じていても、周囲の人からは犯罪者と同一視されることもあります。

【Q3-11】ヴィランって何?
 Villain。敵、悪者を意味する言葉です。

【Q3-12】オリジンって何?
 オリジンというのは誕生秘話のことで、ある人物がどうしてヒーローになったのかという経緯を物語ったエピソードのことです。

【Q3-13】ゲスト出演って何?
 あるコミックに、別のコミックの登場人物が出てくることです。例えば、「スパイダーマン」のコミックにX−メンが登場するような場合です。

【Q3-14】カメオ出演って何?
 あるコミックに、別のコミックの登場人物がほんの少しだけ(数コマ)出てくることです。

【Q3-15】スピンオフって何?
 あるコミックに登場していたサブキャラクターが独立して、新しいコミックが発売されることです。例えば、「スパイダーマン」のコミックに登場していたブラックキャットが、ミニシリーズのコミックとして発売されるような場合です。

【Q3-16】クロスオーバーって何?
 あるコミックと別のコミックが、いくつかのパートに分かれて、共通したストーリー展開をすることです。例えば、同じストーリーのパート1が「スパイダーマン」に、パート2が「デアデビル」に掲載されるような場合です。
 同じ会社のキャラクター同士がクロスオーバーするのではなく、違う会社のキャラクター同士がクロスオーバーする時は、インターカンパニー・クロスオーバーと呼びます。例えば、マーベル・コミックスの「スパイダーマン」とDCコミックスの「バットマン」がクロスオーバーするような場合です。ただし、こうした場合には、1冊の読み切り作品(ワンショット)として発売されることが多いようです。

【Q3-17】エルスワールドって何?
 エルスワールドというのは、いわゆるパラレルワールド(平行世界)のことです。「もしも中世の時代にバットマンがいたら…」とか「もしもスーパーマンがいなかったら…」など、さまざまな可能性をもとに、我々の世界とは異なる別世界でのヒーローの冒険を描いています。こうしたエルスワールド作品は数多く発売されていて、一つのジャンルとなっています。なお、エルスワールドという言葉はDCコミックスが作り出した造語であり、マーベル・コミックスにおいてはオルタニバースと呼ばれています。

【Q3-18】ゴールデン・エイジとかシルバー・エイジって何?
 アメコミの歴史を語る時に使われる“時代区分の用語”です。正確な定義は定まっていませんが、おおまかに言って、ゴールデン・エイジは1930年代から第二次世界大戦まで、シルバー・エイジは第二次世界大戦後から1960年代あたりを指します。シルバー・エイジ以降はモダン・エイジと呼ばれますが、さらに細かい時代区分をする人もいます。

  
〜【Q4】その他〜

【Q4-1】アメコミって集めるものなの?
 アメコミは漫画ですから、読んで楽しむものです。しかし、同時にコレクションするものでもあります。半世紀前に出版されたコミックが数千ドルで取引されることも決してめずらしくありません。

【Q4-2】ヴァリアント・カバーって何?
 ヴァリアント・カバーというのは、中身が同じでカバーだけが違うコミックのことです。通常版のカバーに比べ、ホログラムがついていたり、有名アーティストが担当していたり、ショップ限定版だったり、さまざまな種類が存在します。

【Q4-3】アメコミの保存方法は?
 コミックバッグと呼ばれるビニールバッグに入れて酸化を防ぐという方法が一般的です。コミック本体と一緒に厚紙を入れておくと、歪みを防げるので、より効果的です。また、専用のルーズリーフに入れて保管しておくこともできます。プレミア・コミックの場合には、汚れ・変色・酸化を防止する専用のプラスチックケース(額縁、あるいは大きめの写真スタンドのようなもの)に入れておけば安全です。

【Q4-4】保存状態のグレードって?
 コミックブック本体は薄っぺらい小冊子なので、非常に傷みやすい性質を持っています。そのため、過去に発売されたコミックを取り扱う業者は、コミックの保存状態についてランクを設けています。ランクは6種類あり、M(Mint…印刷直後、出荷前の段階)、NM(Near Mint…出荷されて店頭に並んでいる状態)、F(Fine…ほんの少し傷んでいる状態)、VG(Very Good…やや傷みがひどい状態)、G(Good…かなり傷んでいる状態)、F(Fair…商品として価値のないぼろぼろの状態)となっています。通常はNM状態のものを購入することになります。

【Q4-5】アメコミってどこで手に入るの?
 「丸善」や「紀伊国屋」など、洋書を扱う大型書店に行けば、洋雑誌のコーナーで入手することができます。東京や大阪などの都市部では、アメコミを専門に扱う店もあります。また、インターネット上にある海外のアメコミ・ショップでオンライン注文することもできます。「bLiSTER」「THE COMIX」「ギルド」「豆魚雷」のように、日本語でアメコミを注文できるサイトもあります。

【Q4-6】「プレビュー」って何?
 「プレビュー」(Previews)というのは、Diamond社が発行しているアメコミ専門の月刊カタログ(約400ページ)です。2ヶ月後に発売されるアメコミの近刊や関連グッズを網羅しており、読者はこの「プレビュー」を参考にして書店に注文することができます。

【Q4-7】「オーバーストリート・プライスガイド」って何?
 「オーバーストリート・プライスガイド」(the Overstreet Comic Book Price Guide)というのは、Gemstone Publishing社が発行しているアメコミの市場価格を記した総合カタログです。1842年以降にアメリカで発売されたほとんど全てのコミックを網羅しており、筋金入りのアメコミ・コレクターにとっては座右の書とも言える書籍です。1970年に創刊されて以来、1年に一度、最新版が発行されており、全1000ページ(カタログ部分600ページ+広告400ページ)、厚さ約4センチという分厚さを誇っています。

【Q4-8】「スリング&アローズ」って何?
 「スリング&アローズ」(the Sling & Arrows Comic Guide)というのは、Aurum社が発行しているアメコミ・ガイドブックです。「オーバーストリート・プライスガイド」がアメコミの価格を扱っているのに対し、「スリング&アローズ」はアメコミの内容を概説したものです。1930年代から現代の作品まで、約3000タイトルの簡単なあらすじ紹介を記載していて、ページ数は約700ページ(厚さ3センチ)です。

【Q4-9】アメコミを原書で読むためにはどれくらいの英語力が必要?
 アメコミにもさまざまな種類があるので、一概には言えませんが、高校卒業程度の英語力があれば、だいたいの意味はつかめると思います。

【Q4-10】アメコミのファンクラブはあるの?
 全国各地でいくつかのアメコミ・サークルが活動しているので、コミック・マーケット等に行けば、同人誌を手に入れることができると思います。

【Q4-11】アメコミってブームがあるの?
 1970年代の後半に「スパイダーマン」や「スーパーマン」のコミックが集中的に発売されたことがありましたが、出版社の撤退により、翻訳アメコミは店頭から姿を消しました。また、1990年代にも「X−メン」や「スポーン」のコミックが集中的に発売されましたが、現在では事実上中断している状態にあります。残念なことですが、日本においては「アメコミは長続きしない」という不幸なジンクスがあるようです。

【Q4-12】最も長く出版され続けているコミックは何?
 1938年に創刊された月刊コミック誌「Action Comics」は60年以上も発売され続け、現在では通算800号を越えています。

トップページに戻る

inserted by FC2 system