スパイダーマン ベスト・エピソード

スパイダーマンの数ある作品のなかから、心に残る名作・傑作を紹介します。

01/グウェン・ステーシーの死
 愛する者を誰かに殺された時、人はどれほどの怒りと悲しみを感じるのだろうか? 最愛の恋人グウェンの死という悲劇なくして、現在のスパイダーマンは語れない。
Spider-Man: the Death of Gwen Stacy」に収録。
Amazing Spider-Man #121 (1973)
02/スパイダーマンを集める少年
 スパイダーマンの正体。それは誰にも教えてはならない最大の秘密。けれど、スパイダーマンはあえてその禁を破る。その理由とは…。心に残る名作。
Amazing Spider-Man #248 (1984)
03/スパイダーマンの誕生
 偶然クモの超能力を手に入れた少年ピーター・パーカー。自分のことしか省みなかったピーターが、ある悲劇を通してヒーローとしての決意を固めるまでを描いた初登場作品。40年前のコミック、しかもわずか11ページの短編ながら、そのドラマティックな展開は現代においても決して色あせることはない。
Essential Spider-Man vol.1」に収録。
Amazing Fantasy #15 (1962)
04/シニスター・シックスの登場
 スパイダーマンの宿敵6人が一堂に会してチームを結成。彼らはベティ・ブラントとメイおばさんを人質にして、スパイダーマンをおびき出す。体調不良のためパワーを使いこなせないスパイダーマンは、それでも愛する者を守るために敢然と立ち上がる。
Essential Spider-Man vol.1」に収録。
Amazing Spider-Man Annual #1 (1964)
05/ジョージ・ステーシー警部の死
 恋人グウェンの父親であるジョージ・ステーシーは、ピーターの数少ない理解者の一人だった。そんな彼の最期を描いた感動作。
Spider-Man: the Death of Captain Stacy」に収録。
Amazing Spider-Man #90 (1970)
06/その後のクラッシャー・ホーガン
超能力を手に入れた直後のピーターと戦ったプロレスラー、クラッシャー・ホーガン。その後、レスラーを引退した彼は、レスリング・ジムで雑用係として働いていた。そんな彼が事件に巻き込まれ…。決して派手さはないものの、スパイダーマンの人柄がよくわかる一編。
Amazing Spider-Man #271 (1986)
07/ジャガーノートを阻止せよ!
 制御不能の人間戦車ジャガーノートが、予知能力者マダム・ウェブに狙いを定めた。マダム・ウェブから救援要請を受けたスパイダーマンは、全力を尽くしてジャガーノートを阻止しようとするのだが…。海外のファンからもオールタイムベストとして認められている傑作。
翻訳(前編)を読む 翻訳(後編)を読む
Amazing Spider-Man #229 (1982)
08/クレイヴン 最後の狩り
 誇り高き狩人クレイヴン。スパイダーマンに敗北し続けた彼が挑む最後の挑戦とは…。スパイダーマン史上でも稀にみる暗く陰鬱な雰囲気に満ちた作品。
Spider-Man: Kraven's Last Hunt」に収録。
Web of Spider-Man #31 (1987)
09/メイおばさんを救え!
 放射能を浴びたクモに噛まれたピーターから輸血を受けたメイおばさんは、あろうことか被爆してしまう。責任を感じるピーターはなんとかしてメイおばさんを救おうとするが、唯一の治療薬は宿敵ドクター・オクトパスの手に渡ってしまった!
Essential Spider-Man vol.2」に収録。
Amazing Spider-Man #31 (1965)
10/ジーン・デウォルフ警部の死
 スパイダーマンのよき理解者だったジーン・デウォルフ警部。そんな彼女がシン・イーターと名乗る連続殺人鬼に殺された。スパイダーマンとデアデビルはお互いの価値観の違いを乗り越えて、犯人を捕らえることができるのか? サスペンス色の濃い力作。
Spectacular Spider-Man #107 (1985)

Spider-Man & all Marvel character names TM and Copyright 2017 Marvel Characters, Inc. All Rights Reserved.

トップページに戻る

inserted by FC2 system