スパイダーマン ユーモア・エピソード

スパイダーマンの数ある作品のなかから、思わず笑ってしまう珍作・奇作を紹介します。

01/郊外での悪夢
 ある泥棒を追いかけて、ニューヨーク市郊外へと足をのばしたスパイダーマン。だが、思いもよらぬ悪夢が彼を襲う。そう、平和な田舎町では、クモ糸を使ってスイングできる摩天楼がないのだ。とぼとぼと道を歩くスパイダーマンの姿が、さびしくもあり滑稽でもある。
Amazing Spider-Man #267 (1985)
02/フロッグマン&トード
 スパイダーマンに命を救われたトードは、彼の相棒になることを宣言。それを知ったフロッグマンは我こそが相棒だと名乗りをあげるが、さらにスパイダー・キッドまでもが現れ、事態はさらにややこしいことに…。
Amazing Spider-Man #266 (1985)
03:インビジブル・ガールとのデート
 FFのインビジブル・ガールとデートの約束を取りつけたスパイダーマン。しかし、それを快く思わないヒューマントーチがサブマリナーに「姉がスパイダーマンに誘拐された」というデマを流したから、さあ大変。気軽に楽しく読める娯楽作。
Untold Tales of Spider-Man '96 (1996)
04/スパイダー・キッドの登場
 天才少年オリー・オスニックは学校ではいじめられっ子だったが、その優れた才能をいかして特殊な触手を作製する。かつてスパイダーマンに助けられた(以下の09参照)オリーは、彼の相棒になろうと張り切るのだが…。
Amazing Spider-Man #263 (1985)
05/高校卒業ダンス・パーティー
 プロム。それは高校卒業記念のダンス・パーティーであり、高校生活最大のイベントである。もてないはずのピーターは、ベティ・ブラントとパーティーに行く約束をしただけでなく、リズ・アレンともダンスのパートナーを組む約束をしてしまう。それを知ったフラッシュ・トンプソンはピーターに決闘を申し込む。
Webspinners: Tales of Spider-Man #7-9 (1999)
06/負け犬軍団
 スポット、カンガルー、グリズリー、ギボン。4人のB級犯罪者が一堂に集まって銀行の金庫から現金強奪を企む。その現場に出くわしたスパイダーマンは、不意打ちを食らって、彼らに捕らえられてしまう。
Spectacular Spider-Man #246 (1997)
07/フロッグマン再び
 白兎のコスチュームを着た怪盗ホワイト・ラビットは、部下を引き連れてさまざまな悪事を働いていた。それを知ったフロッグマンは彼女を阻止しようとするが、なんと彼女の部下のなかに自分の父親がいるのを発見してしまう。
Marvel Team-Up #131 (1984)
08/メイおばさんの冒険
 ふとしたことからギャラクタスの部下と化したメイおばさん。全身金色に輝くゴールデン・オールディーへと変身した彼女は、ギャラクタスの飢えを満たすために、世界中からスナック菓子を集めることにする。これは夢か、それとも現実か…?
Marvel Team-Up #137 (1984)
09/犯罪者ファンクラブ
 天才少年オリー・オスニックはドクター・オクトパスの触手を模造して、犯罪者ファンクラブを結成する。おもちゃ店に侵入したオリーだったが、本物のオクトパスが現れたと勘違いしたスパイダーマンに追いかけられる羽目になる。
Spectacular Spider-Man #72 (1982)
10/エイリアン・コスチュームとの決別
 ストーリーそのものはシリアスな展開である。FF本部でエイリアン・コスチュームを調べてもらったスパイダーマンは、それが共生生物であることを告げられ、その場でコスチュームを脱ぐことにする。その際、着替えを持っていないスパイダーマンは、FFの制服を着て、覆面の代わりに紙袋をかぶるという間抜けな格好をさせられる。しかも、その背中には「僕を蹴飛ばして」という貼り紙があるのである。
Amazing Spider-Man #258 (1984)

Spider-Man & all Marvel character names TM and Copyright 2017 Marvel Characters, Inc. All Rights Reserved.

トップページに戻る

inserted by FC2 system